男性器に関するお悩みの解消をサポートすることを目的とした情報支援サイト

>

包茎手術を受けるための注意事項

包茎手術の前後の確認事項

包茎手術の前後にはそれぞれ確認しておくべき事柄があります。
包茎手術前後の注意点にそれぞれ触れていきましょう。

まず、包茎手術前の注意点は、可能な限り射精しておくことと、手術後のスケジュール調整になります。

理由としては切開を伴う手術の場合、術後、数日間は陰茎が痛むためで、射精は勃起の抑制、スケジュールの調整は温泉やプール・海などへの外出を控えるためにそれぞれ行います。

包茎手術後に注意すべき点は、術後数日(特に当日)は可能な限り安静にし、シャワーや入浴を控えること、血流を促す飲酒を控えること、性処理を行わないことなどが挙げられ、切除部位にもよりますが最悪、三ヶ月これらを含む医師の指示を維持しなければなりません。

包茎手術を受けるメリットとデメリット

包茎手術を受けるか否かは、包茎手術のメリットがデメリットを上回っているかどうかも判断材料の一つになるはずです。
包茎手術を受けるメリットとデメリットについて考えてみましょう。

まず包茎手術を受けるメリットですが、健康・衛生面の改善、早漏の解消、といった肉体面の利益が大きいメリットと、包茎であるというコンプレックスの解消や、陰茎の形状の改善など精神面の利益が大きいメリットがあります。

対して包茎手術を受けるデメリットは、失敗のリスク、亀頭の感度低下、最長三ヶ月にも及ぶ安静期間などが主で、いずれも設備の整った病院と一定以上の水準の医師という二つの条件を満たすことができれば、ある程度緩和が可能なデメリットであると言えます。

もしも、包茎手術を受けるか否かでお悩みの方は、潤沢な資金の用意と信頼できる病院が見つかった場合に手術の意思決定行うことをお勧めいたします。


この記事をシェアする