男性器に関するお悩みの解消をサポートすることを目的とした情報支援サイト

>

包茎手術の種類と手術を受けるべき陰茎の確認

包茎手術の種類と手術の対象となる包茎

包茎手術は切開を伴うものが六種類、切開を伴わないものが三種類ほどありますが、メジャーな切開手術に焦点を当ててみましょう。

スタンダートな環状切開術、肉体と金銭の両面の負担が小さい背面切開術、見栄え重視の亀頭直下埋没法、先端を切らずに感度を維持する根部環状切除術、陰茎を延長することによる間接的治療の埋没陰茎矯正術、手術痕を残さないVカット小帯温存法などが主な包茎の切開手術ですが、「真性包茎」手術の定番である環状切開術と負担の小さい背面切開術を除き、大半は「仮性包茎」を対象としているようです。

つまり、「真性包茎」を対象とした環状切開術と、「真性包茎」、「仮性包茎」共に対象とした背面切開術が医療目的の包茎手術であると言え、それ以外は整形を目的とした包茎手術であると言えます。

包茎手術を受けるべき包茎の有無

包茎手術には男性特有の見栄えや意地といった、精神面に起因しての包茎手術以外にも、ウィルスの増殖防止や炎症の抑制などの、肉体的健康リスクの観点から行われる包茎手術もあります。

基本的に包茎手術を受けた方がよい包茎としては分類されるものは、全ての「真性包茎」と「軽度の絞約型仮性包茎」「重度の絞約型仮性包茎(カントン包茎)」が、それぞれ挙げられ、いずれも、健康・衛生の両面から手術を要している包茎です。

以上を踏まえて考えれば、健康及び衛生の観点から「真性包茎」全般及び、「絞約型仮性包茎」は深度を問わずに手術を受けるメリットが大きい包茎手術であると考えることができます。

もしも症状の改善や、各種デメリットの解消の方が手術のリスクよりも優先されるのであれば、包茎手術を受けてみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする