男性器に関するお悩みの解消をサポートすることを目的とした情報支援サイト

>

必要に応じて包茎手術を受ける

包茎の分類と分類ごとの特徴

手始めに、主要な三種類の包茎とそれぞれの特徴を抑えておきましょう。

まずは、「仮性包茎」ですが、「仮性包茎」とは勃起時を除いて亀頭が皮で覆われているタイプの包茎で、亀頭が外部刺激に弱い点が主な特徴で、外皮が余っている余剰包皮型と外皮の長さが不足している絞約型に大別されます。

次いで「真性包茎」の特徴としては、亀頭が完全に露出できず、それに付随した衛生面のリスクが挙げられ、亀頭と包皮が癒着した癒着型と包皮口が強く締めている絞約型に大別可能です。

最後の「潜在的包茎」は、絞約型の「仮性包茎」の男性が、特に痛みが無かったためか、包皮を露茎部分まで下ろし、それが定着してしまった状態を指し、亀頭の露出に成功した反面皮膚に弱い部分ができるというデメリットが生じました。

包茎であることのデメリット

包茎手術の是非を考えるためにも包茎のデメリットについて考えてみましょう。

医学的に包茎のままでも問題ないと判断されることがあるのは、「仮性包茎」のみで、基本的に「真性包茎」は治療対象と見なされます。

実際に、「仮性包茎」の治療の大半が保険適用外であるのに対して、「真性包茎」の治療には保険が適用されているため、「真性包茎」は一種の病疾患であるとみなされているとも言えるかも知れません。

では、包茎の具体的なデメリットについて触れてみましょう。
包茎のデメリットは雑菌やウィルスの繁殖、亀頭の炎症傾向、尿路感染症、陰茎の発育不全、早漏、といった点が挙げられるものの、深度にもよりますが、「仮性包茎」に限っては雑菌やウィルスが繁殖しやすい点を除いて、精神面はともかく肉体面では大きなデメリットは生じにくくなっています。

軽度の仮性包茎の場合は無理に手術をする必要はないかも知れません。


この記事をシェアする