包茎手術って本当に必要?

男性器に関するお悩みの解消をサポートすることを目的とした情報支援サイト

必要に応じて包茎手術を受ける

包茎の分類と各種デメリットを理解しておくことは、包茎手術に対する認識を深めると共に、包茎の抱える潜在的なリスクを知るために活用できます。 包茎や包茎手術に関わるお悩みをお持ちの方は、是非こちらの情報をご利用いただき、お悩みの解消にお役立てください。 ...続きはコチラ

包茎手術の種類と手術を受けるべき陰茎の確認

男性器に関してお悩みの方の中でも、包茎の影響や包茎手術で解消できるお悩みに関する知識が欠如している方にご利用いただくために、包茎手術の種類や症状ごとに有効な手術についての情報をまとめてあります。 是非ご一読いただき、お悩みの解消にご活用ください。 ...続きはコチラ

包茎手術を受けるための注意事項

包茎手術を受けるにあたっての注意事項や、包茎手術のメリットやデメリットについて情報を掲載しています。 包茎手術を受ける決心をされた方や、包茎手術の術前術後の経過等に関心がある方が、包茎手術を受けるための知識を深めるために参考となれば幸いです。 ...続きはコチラ

包茎の分類と特徴

包茎手術の是非でお悩みの方に伝えておきたいのは、包茎手術には明確なメリット・デメリットがある点とそのメリット・デメリットに個人差がある点です。

同じ包茎であっても仮性や真性といった形で、症状に個人差がある以上、包茎手術を受けた時のメリットとデメリットにもまた明確な相違があります。
包茎手術によって、仮性ないし真性の包茎の解消に成功した際に貴方が享受できるメリットは、リスクやデメリット相応のものかどうか、リスクとリターンを天秤にかけてしっかり考えることは、包茎手術を受けるか否かの差はあれ、リスク管理の観点からも間違ったことではありません。

包茎手術を推奨される「真性包茎」の方や、重度の「仮性包茎」の方であれば、医療保険の対象にもなりますし、メリットやリターンも大きいでしょうが、軽度の「仮性包茎」の方の場合は、保険がきかず大金を必要とする上に、得られるものは、コンプレックスの解消や自信が主となってしまうため、手術の意思決定も価値観に左右されることになる可能性は間々あるので、包茎手術が全ての包茎の男性に必要な訳ではないことは覚えておきましょう。

包茎手術は効果こそありますが、全ての男性に必須の手術ではありません。
デリケートな陰茎を傷つけるため相応の苦痛や不便も伴います。
だからこそ、包茎手術を受けるか否かは自分自身の症状の軽重を把握し、担当医師としっかりと相談した上で、後悔しないように選択するべきです。